公開日:2024/6/28

最終更新日:2024/6/28

空調機器の無線制御による、節電とCO2排出量の「見える化」

弊社 株式会社 ドッドウエル ビー・エム・エスは、独自の空調自動制御技術により、快適な室内環境を保ちながら大幅な省エネを実現いたします。更に、省エネの「見える化」機能で、お客様の効率的な省エネ、コスト削減活動をサポートいたします。店舗、病院、工場等、お客様の環境(室外機の台数等)に合わせた製品ラインアップを取り揃えており、最適化を図ります。

Ai-Gliesとは

弊社がご提供する「Ai-Glies」は、オフィスビルの消費電力の中で多くを占める、業務用エアコンなどの空調機器をピンポイントで制御することで、基本料金と使用量料金の削減を行う、空調の節電・省エネに特化したシステムです。
導入時の施工面においても、従来の有線型に比べ、無線+ソーラー給電を採用しているため、施工費を抑えることができ、低価格で導入できます。
また、IoTを駆使した細かい空調制御を自動で行うことで、室内空間を快適に保ち、従来のデマンド監視装置からの更新にも適しています。使用電力量を削減することにより、発電時のCO2削減につながり、SDGsへの取り組みへと繋がります。

画像提供:株式会社ドッドウエル ビー・エム・エス

節電制御で使用量料金を削減

◆ 使用量料金を削減しつつ、快適な室内環境を実現!
季節・気候(外気温度・湿度)による不快指数に合わせ、一年中、空調設備の出力調整をキメ細かく行い、快適な室内環境を実現するとともに、使用量料金を削減します。

◆ 季節ごとに自動で設定変更(制御例)
・ 外気がすごく寒い時と、すごく暑い時は制御を弱めて冷暖房をしっかりと動かします。
・ 春・秋や夏の早朝、冬の昼過ぎ等の気候が良い時は、制御を強めて節電を強めます。
・ 夏は室温が上がりやすい上層階の制御を弱め、冬は室温が下がりやすい下層階の制御を弱めます。

◆ 自動制御でキメ細かい制御を実現
外気の不快指数の変化を監視し、室温が変化する前に、以下の8段階の中から最適な条件を判断し、エアコンの節電レベルを自動判別しコントロールします。
そのため、使用量料金を削減しつつ、制御時の暑過ぎる・寒過ぎるなどが無い快適な室内環境を実現します。

画像提供:株式会社ドッドウエル ビー・エム・エス

無線接続による工事費削減と見える化

① システム構成について
機器間は、省電力長距離無線のLoRaを使用し、情報取集や制御を実施していますので、通信線の配線や工事を大幅に削減できます。
また、屋外に設置する機器にはソーラーパネルを搭載し、電力を得ることで、工事費用の削減や工事期間の短納期を実現しています。

② Ai-Glies監視画面について
デマンドコントロールの状態は、専用クラウドサーバで管理され、ブラウザソフトでデマンド値、予測デマンド値、外気温から算出された不快指数が表示されます。
また、Ai-Gliesで制御した場合と、しなかった場合を比較したCO2削減量、削減電気量が閲覧可能です。
分電盤内の系統別に電流センサを取り付け、系統別の電力も同様にブラウザ上で監視することにより、会社内での省エネ意識を共有することができます。

画像提供:株式会社ドッドウエル ビー・エム・エス

国内・海外のお客様の社会課題に貢献

弊社の「Ai-Glies」は、国内や海外のお客様のコスト削減を実現すると共に、省エネルギー・CO2の削減という社会課題に対して貢献する製品となっております。
国内につきましては、ドラッグストアやロードサイド型飲食店、ホームセンターや商業施設など幅広い分野のお客様に導入をさせて頂きました。今後は飲食、小売、物流系の多店舗展開されている企業様や大型工場など製造業のお客様へご提案をしてまいります。
海外につきましても、2024年4月にタイに現地法人「Ai-Glies(Thailand)Co.,Ltd.」を設立いたしました。今夏にベトナムにも現地法人を設立予定です。日系企業様の工場を中心に弊社システムをご提案してまいります。
ご興味のある方は、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

画像提供:株式会社ドッドウエル ビー・エム・エス
※クリックして別タブで表示

お問い合わせ

profile

株式会社 ドッドウエル ビー・エム・エス

<専門分野>セキュリティ事業、医療機関・一般向けカード発行事業、鉄骨CAD事業、脱炭素事業、カードリーダ・バーコードリーダ事業
<紹介文>お客様の課題に寄り添う提案力、安心を継続するサポート力、専門性を活かし「安心」「安全」「便利」を支える事業を展開。