公開日:2024/7/9

暑さもコストも一緒にダウン! 塗るだけで建物が涼しくなる塗料

地球温暖化を超え「地球沸騰化」と称された2023年夏。職場で熱中症が発生した。暑さに耐えられない社員が退職した。空調電気料金が2倍近くに跳ね上がり、採算悪化した。2024年夏も同等以上の予報とか。
これが日本のニューノーマルな夏に?皆さんはどのように対策されていますか?

建物の暑さ対策に「遮熱塗料ミラクール」

工場・倉庫・店舗を始めとして、様々な公共施設や国連、JICAのプロジェクトにも採用されている「塗るだけで建物内が涼しくなる特殊遮熱塗料:ミラクール」は、屋根や外壁などに塗装するだけで、太陽光に含まれる熱の元、近赤外線を反射し、建物の表面温度の上昇を抑え、建物内を涼しくする特殊な塗料です。

建屋表面から室内に伝わる熱が大幅に削減されるので、室温の上昇も抑えられ暑い夏も快適に過ごせます。
例えば、
☑ 工場の室温が最大10℃ほど下がって職場が快適になった
☑ 製品や資材が熱で劣化する心配がなくなった
☑ 空調負担が最大40%削減できた
☑ 温度コントロールがしやすくなった
といった効果があります。

ミラクールには、アスファルト舗装面の温度を下げる製品や防水兼用型もあります。親水性で汚れが付きにくいため、効果が長持ちします。

画像提供:シロキコーポレーション株式会社

サステナビリティに貢献する遮熱塗料

遮熱塗料ミラクールは、以下の点で皆様のサステナビリティに貢献します。

■ 働く人と製品・原材料にサステナ
日射反射率92.2%、長波放射率99.1%がもたらす高い遮熱効果で室温の上昇を防ぎ、快適な労働環境と製品・資材の安全性を保ちます。
■ エネルギー削減にサステナ
冷房負荷を最大40%削減(当社調べ)。
省エネルギーを推進し空調コストをカットします。CO2排出量の削減にも寄与します。
■ 建物寿命にサステナ
施工10年後でも、日射反射率83%を維持できる品質と耐久性。ミラクールを塗れば、屋根が高温化しなくなるため、屋根板の伸縮が減り、塗膜も屋根材も長持ちします。

画像提供:シロキコーポレーション株式会社

お客さまの声をご紹介

お客様より、さまざまなお声を頂いております。
もし皆様がミラクールをお使いになられたら、同様の効果が現れるかもしれません。

・プラ製品が変形しなくなった
・夏場でも樹脂容器を自動ラック倉庫最上段に積めるようになった
・溶けた製品の廃棄が出なくなった
・甘味料の揮発ロスがなくなった

・危険物倉庫が安全になった、ガス貯蔵施設が安全になった
・コンプレッサー室の夏場のトラブルがなくなった
・キュービクルが停電しなくなった、錆止め塗装にもなった
・雨漏りしていた屋根に同時に防水施工まで出来た

・室温コントロールがしやすくなった
・データセンターの電力消費量を抑えられた
・ピークカットにより電気基本料金が下がった

・熱中症の心配がなくなった、社員に笑顔が戻った
・離職者が減った、採用活動がしやすくなった
・来店客からの苦情がなくなった

・構内道路での炎天下の作業が楽になった
・駐車場の轍がなくなった
・老朽化した建物が見違えるように美しくなった

スクラップアンドビルドが難しい時代に

古い工場なら新しく建てればいい。移転すればいい。今の時代、それは容易なことでしょうか? 例えば、ビルやマンションの建設費用は、ほんの数年前と比較し、【建設資材の高騰】【建設労働人口の減少】【建設2024年問題】【物流費増】【工期延長による建設会社繁忙】といった社会環境の急変により、今や2倍とも言われます。

また【求人難】という社会課題も影響しています。移転をすると、多くの従業員が通勤不可能になる場合、離職者数を上回る新規求人数を獲得できず、移転を断念するという事例もあります。
老朽化した工場の建屋をやむを得ず直しながら、操業を続けなければならないという課題がいま浮き彫りになっています。
「遮熱塗料ミラクール」は、そうした問題の軽減に貢献いたします。
ご興味を持っていただけましたら、以下よりお問い合わせください。

画像提供:シロキコーポレーション株式会社

お問い合わせ

profile

竹下 秀和

<所属>シロキコーポレーション株式会社 営業推進部
<専門分野>営業・仕入・広告宣伝
<紹介文>塗料メーカーの営業として20年、管理部門を経て事業全般を理解した上で、WEBを用いたもう一つの営業分野で挑戦しています。